薄毛でシャンプーがしみる!【そんな時は赤ちゃん用シャンプー】

FAGA
薄子
薄子

最近シャンプーがしみるようになってきた。

痛くてたまらないんだけど、我慢したほうがいいのかな?

薄毛が始まってシャンプーがしみることってありませんか?

そんな時は、ガマンしないで低刺激の赤ちゃん用シャンプーを使いましょう。

薄毛でシャンプーがしみる原因

薄毛でシャンプーがしみる原因

・薄毛で髪が少なくなり、髪を洗うためのシャンプーが適さなくなった。

・育毛剤や発毛剤を使用している人は、合わないものを使用するとその刺激で頭皮が弱ってきている。

頭皮は以外にデリケート。

顔の皮膚のようにケアしてあげないといけないのですが、髪に覆われているため普段はあまり気を使ってもらえません。

でも、薄毛が始まると、地肌が見える部分は、髪というバリアがなくなり紫外線やほこりなどの刺激物にさらされることになります。

これまで、刺激になれていなかったため軽い炎症を起こすこともあります。

また、育毛剤や発毛剤などの刺激により、軽い炎症を起こす場合もあります。

そこに本来、髪を洗うための大人用のシャンプーは刺激が強すぎてしみることもあります。

そんな時は、低刺激の全身シャンプーや赤ちゃん用のシャンプーに変えてみて下さい。

髪が少なくなり、髪を洗うためのシャンプーが適さなくなった。

大人用のシャンプーは髪がたくさん生えている状態を想定して作っています。

ですから、頭皮より髪を洗うために適しているのです。

そのため、これまで使っていたシャンプーでは刺激が強すぎてしまうことも。

頭皮を洗うシャンプーに切り替えてきましょう。

育毛剤や発毛剤を使用している

特にミノキシジル配合の発毛剤は、最初は初期脱毛や、頭皮の赤みなどを軽い炎症を起こすこともあります。

そんな弱った頭皮に、髪を洗うシャンプーの刺激は強すぎてしまいます。

薄毛対策としてスカルプシャンプーを使用している人は特に注意してください。

弱った頭皮から、皮脂を奪いすぎてさらに頭皮環境を悪化させることにも繋がります。

薄毛の始まりに赤ちゃん用シャンプーが良い理由

頭皮はもともと顔の皮膚とつながっているもの。

頭皮に髪が生えていなければ、顔と同じようなケアをしてあげればよいのです。

だからといって、マイルドな洗顔フォームや洗顔石鹸を使うのはNG。

頭皮にはまだ、これから生える髪が残っていますからね。

そこで、全身シャンプーや、赤ちゃん用シャンプーがおすすめなんです。

赤ちゃんの肌はまだ薄くデリケートなもの。

頭皮には髪もまだ生えそろっていない状態です。

それを洗うのに適した赤ちゃん用シャンプーは、シャンプーがしみるといった症状に適しています。

薄毛対策のためと思って使っていたスカルプシャンプーは、皮脂をとる処方のものが多いので、しみるようなら使用を控えるようにして下さい。

薄毛の始まりにおススメの赤ちゃん用シャンプー3選

ここでは、低刺激の赤ちゃん用シャンプーを紹介していきます。

低刺激シャンプー

マー&ミーLatte(490mL)

ママと子供が一緒に使える低刺激のシャンプー。

薄毛が始まったばかりで、髪が多く残っている人は髪にもやさしいこのシャンプーがおすすめです。

amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

低刺激シャンプー

シャボン玉 無添加せっけんシャンプー 泡タイプ(520ml)

低刺激のシャボン玉せっけんから出ている、泡タイプの石鹸シャンプーです。

泡タイプなので、頭皮もさしく洗えます。

amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

全身シャンプー

MINONベビー全身シャンプー 泡タイプ (350mL)

全身シャンプーのミノンから出ているベビー用シャンプー。

髪が少なくなってしまった頭皮もやさしく洗い上げます。

amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

まとめ

抜け毛が増えてシャンプーがしみる。

薄毛が始まって地肌が気になってきてからシャンプーがしみる。

そんな人は、ガマンしないで低刺激シャンプーや赤ちゃん用シャンプーに切り替えてみましょう。

整髪料を使用している人は、シャワーでよく洗い流し、数回に分けてシャンプーをするようにすれば整髪料も洗い流すことができます。

少し手間がかかりますが、頭皮は大切な髪を育てる土台となります。

顔のケアをするように、大切にケアしてあげることが薄毛対策の第一歩ですよ。