失敗しない薄毛対策【薄毛になる原因から対策を考えよう】

AGA
ケビン
ケビン

抜け毛が増えて、髪が少なくなってきたから薄毛対策を始めたんだけど、あまり効果が感じられない。

どうしたらいいんだろう・・・・。

薄毛対策に失敗しない方法

失敗しないために確認したいこと4つ

・最初からあれこれ試さない

・自分の薄毛部分を確認する

・薄毛になった原因を考える

・自分の薄毛履歴を確認する

あれこれ試さない方が薄毛対策がううまくいきやすい理由

薄毛対策がうまくいかない人は、情報に振り回されてあれこれ試している傾向にあります。

「髪が生えてきた! 」と思っても、どの対策がうまくいったのかわからなくなってしまい、「食事の改善で髪が生えてきました。」とか、「生活習慣を変えたら髪が生えてきました。」と思い込み、これまでやってきた有効な薄毛対策をやめてしまうことになりかねません。

薄毛になったしまったのには原因があり、それに合った対策をすることが薄毛治療を成功させることに繋がります。

薄毛対策がうまくいかない人は、ぜひ一度、自分の薄毛の状態を確認することから始めてみて下さい。

自分の薄毛部分を確認する

薄毛の原因は男性ならAGA(男性型脱毛症)である可能性が高いです。

AGAの場合、ハゲ方がパターン化されているので判別もしやすいです。

細胞の機能から、側頭部や後頭部は男性ホルモンの影響を受けることがありません。

男のハゲ方はなぜ波平さんになるのか?|ハチマル|note
男性の薄毛の原因のほとんどがAGA(男性型脱毛症)。 ハゲ方はそりこみからのM字ハゲ、頭のてっぺんからのO字ハゲ、おでこからのU字ハゲ。 でも最終形態は、みんな波平さん型になります。 どこからハゲてきても、終着点は一緒で波平さんです。 ハゲる人はなぜみんな波平さん型になるのか 髪を生やすのは、頭皮にあ...

側頭部や後頭部から薄毛になっている人は、円形脱毛症など別の症状になるのでAGA治療は意味がありません。

そんな時は、AGAクリニックでAGA以外の薄毛治療(円形脱毛症・びまん性脱毛症)を行っているクリニックか、薄毛治療を行っている皮膚科を受診するようにしましょう。

男性のハゲかたの種類【ハゲ方の分類と対処法を徹底解説】
M字ハゲ、つむじハゲ、U字ハゲ。男性のハゲかたにはいろいろありますが、これって違いがあるの?という疑問を解説しています。これらはすべてAGA(男性型脱毛症)の特徴です。AGAであれば、原因も対策もハゲかたが違えど同じです。AGAの対策はハゲの進行度によって変わってきます。ただ、ハゲの中でもAGAではないハゲかたの特徴もありますので、その場合はAGAとは違う対策を行っていきます。

薄毛になった原因を考える

薄毛になった原因を一度考えてみて下さい。

栄養不足や睡眠不足であるなら、体調も悪いはず。

体調不良とともに「抜け毛が増えた」と感じるなら、一時脱毛である可能性も考えられ

ます。

そんなときは、まず抜けた髪を確認してみて下さい。

太くてカットした痕がある髪が抜けている場合は一時脱毛の可能性も考えられます。

薄毛の兆候はここにあらわれる【5つのチェックポイント】
薄毛の兆候があるのを知っていますか?抜け毛が増える以外に、不健康な髪が増えていることに気づくと思います。不健康な髪が増え、さらにその不健康な髪さえ抜けてしまうのは、髪を生やす細胞に力がなくなっている証拠です。チェックは目で見て確認することができるので、抜け毛が気になる人は5つのポイントをチェックしてみましょう。

細くてカットした痕がない髪が抜けているのであれば、AGAの可能性が高くなります。

太くてカットした痕がある髪が抜ける一時脱毛の場合なら、食事の改善や質の良い睡眠などで改善する場合もあります。

一時脱毛なら、副作用の少ない育毛剤も効果があります。

抜け毛が気になり始めたら薄毛対策【キャピキシル配合育毛剤編】
抜け毛が気になりだしたら、薄毛対策をしましょう。薄毛の治療はヘアサイクルとの向き合い方が大事。自分にあった対策をしないとなかなか結果がでないことに。ここでは薄毛対策の育毛剤としてキャピキシル配合製剤を紹介しています。

一時脱毛なら頭皮全体の髪が抜けてくることもあるので、全体的に髪が薄くなったなと感じているなら、生活習慣を見直してみるのもありです。

自分の薄毛履歴を確認する

抜け毛が気になってから、どのくらいの期間がたったのかを思い出してみて下さい。

一時脱毛なら、急激に髪が抜けているはずです。

AGAの場合なら徐々に進行していきます。

前頭部や頭頂部の髪が少しずつ抜けていきます。

いわゆる、M字ハゲ、O字ハゲといわれるのはAGAの特徴になります。

自分の薄毛の状態がAGAの特徴に当てはまるのあれば、AGA対策を行っていきましょう。

正しいAGA対策の手順

AGA対策の手順

・男性ホルモンを止める

・髪を生やすための対策を行う

AGA対策はシンプルです。

まず始めに2つのことを手順通りに行っていけばAGA対策は出来ます。

男性ホルモンを止める

AGAの原因はジヒドロテストステロンが、毛包を攻撃することで髪を生やす細胞の機能が失われて髪が生えなくなることです。

まずは、フィナステリドやデュタステリドで男性ホルモンを止めましょう。

薄毛が始まったばかりの人であれば、フィナステリドの投与で髪が生えてくることあります。

副作用の点からフィナステリドが第一選択となります。

頭皮には5αリダクターゼⅡ型が多いので、フィナステリドで充分な効果が得られることが多いです。

フィナステリドでは効果がみられないといった人にのみ、デュタステリドが処方されます。

【薄毛対策】プロペシアとザガーロどっちが効く?【2つの違いを徹底比較】
薄毛対策として欠かせないのが、プロペシアとザガーロ。どちらも抗男性ホルモン薬だけど、いったい何が違うの?プロペシアもザガーロも「診療ガイドライン」で使用が推奨されている治療薬ですが、第一選択肢としてプロペシアになります。気になる男性機能低下の副作用の違いについても解説しています。

内服薬だけの治療なら、オンライン診療が手軽なのでおすすめな方法です。

AGA治療の方法【オンライン診療で治療費が安いクリニック】
AGAクリニックは、面倒だ、通える場所にAGAクリニックがない、治療費が高いなどのイメージがあると思います。でも、標準治療ならオンライン診療でも問題なしです。通える場所にAGAクリニックがなくても、スマホ1台で診断してもらえますし、メールやLINEで予約を取ることもできます。標準治療なら料金も明確なことも多いので安心です。

髪を生やすための対策を行う

髪を生やす作用のあるのは、発毛剤のミノキシジル

ミノキシジルの5つの作用が髪を生やす細胞に働きかけます。

ミノキジル外用剤のメリット・デメリット【効果と副作用そして薬剤耐性】
発毛効果が確認されている唯一の薬といわれるミノキシジル。その作用は現在でもあまりわかっていません。そのため、他に変わる薬が作りにくいというのが事実です。ミノキシジルの多岐に渡る効果と副作用、そして薬剤耐性はおこるのかといったことについて説明しています。またミノキシジルを効かない人の特徴と対策についても一例を紹介しています。

一時脱毛や円形脱毛症にも効果があるので、髪の薄くなったところが気になる人にも効果があります。

基本の2つの対策を行っている人向けの+αの対策

基本⁺αの対策

・赤色LED搭載の頭皮マッサージ器

・カッコエキス・ゲンチアナエキス配合のスカルプシャンプー

・シスチン配合のサプリメント

赤色LED搭載の頭皮マッサージ器

赤色LED治療は、「男性型脱毛症および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年」にも収載されている発毛効果が確認された治療方法です。

市販品は簡易的な装置ですのでAGAクリニックで使用しているものより精度は落ちますが、薄毛対策プラスαで使用するには良いアイテムです。

毛包だけではなく、細胞を育てる働きがあるので美顔器としても使用可能です。

抜け毛が気になり始めたら薄毛対策【最新:赤色LED搭載の頭皮マッサージ器】
抜け毛が気になりだしたら、薄毛対策をしましょう。薄毛の治療はヘアサイクルとの向き合い方が大事。自分にあった対策をしないとなかなか結果がでないことに。ここでは薄毛対策の頭皮マッサージ器を紹介しています。AGA診療にも使用されている技術を搭載した頭皮マッサージ器も購入できます。

カッコンエキス・ゲンチアナエキス配合のスカルプシャンプー

ミノキシジルを使っている人向けにおすすめできるスカルプシャンプーです。

ミノキシジルは体内の硫酸転移酵素によって、硫酸ミノキシジルに変換されてることで発毛効果を発揮します。

この硫酸転移酵素ですが、遺伝的に活性が低い人がいます。

ミノキシジルを使用している人で、あまり効果がないなと感じている人は、硫酸転移酵素の活性が低い可能性が考えられるので、酵素を活性化させるカッコンエキス・ゲンチアナエキス配合のシャンプーを使ってみるものおすすめな方法です。

薄毛が気になり始めたら育毛シャンプー【ミノキの効果をブースト】
抜け毛が気になってきたから、シャンプーを育毛用に変えたい。だけど、どのシャンプーがいいの?と思ったことはありませんか。薄毛対策のシャンプーは何となくで選んでいる人は多いと思います。薄毛対策としてシャンプーを使うのであれば、ミノキシジルの効果をブーストしてくれるシャンプーを賢く選びましょう。

シスチン配合のサプリメント

シスチンもミノキシジルの効果をブーストしてくれる成分。

ミノキシジルを使用している人は、シスチン配合のサプリメントもおすすめです。

抜け毛が気になり始めたら薄毛対策【ミノキシジルの効果をブーストするサプリ】
ミノキシジルの効果をあげる成分はシスチンだった。髪を構成しているのはアミノ酸。その中でもミノキシジルとの併用に効果がありそうなのがシスチンです。まだ培養細胞レベルの試験結果ですが、今後は発毛効果での研究結果が待たれるところです。

ここまでが「失敗しない薄毛対策」になります。

ただ、髪を生やす細胞のダメージが大きい場合、更にテコ入れするための治療を行う必要があります。

それは成長因子導入などのAGAクリニックで行う治療や植毛といった方法になります。

【2020年最新】成長因子導入治療を行っているクリニックまとめ【HARG療法との違い】
HARG療法はきいたことはあるけど、メソセラピー・メソ療法との違いはわかりますか。HARGカクテルを使用しているのが、HARG療法、それ以外の成長因子を使用してるのはメソセラピー・メソ療法と呼ばれています。どちらの治療法も成長因子を頭皮に導入するのが治療の最大のポイント。成長因子はAGA治療にとってはまだ新しい治療方法。ただしく理解して信頼できるクリニックで治療を行いましょう。
植毛を行っているAGAクリニックまとめ【最新治療の植毛ロボARTASも紹介】
植毛ってどんな治療をするのかわからないですよね。そこで、今回は植毛治療の種類や方法について解説しています。植毛したらもう薄毛にはなりません。それは薄毛にならない毛を移植するからなんです。一生薄毛を気にして生きるとか、一生かつらや増毛のメンテナンスにお金と時間を奪われるのが嫌な人にとっては植毛は最適な治療方法です。気になる費用についても紹介しているので参考にしてみてください。

まとめ

食生活や生活習慣、サプリメントで髪が生えるといった情報はかなりレアケースだと思ってください。

髪が抜ける程栄養が不足しているのであれば、当然体調もかなり悪いはずなのです。

またスカルプシャンプーもあまりおすすめできません。

シャンプーを変えることより、シャンプーの洗浄成分をよく洗い流すことを心がけましょう。

育毛剤も髪を生やす効果のあるものもありますが、ミノキシジルの方が髪を生やす力は強いので、ミノキシジルが適応する人はリアップなどの市販品でも効果は期待できます。

髪が生えていないところに、髪を生やすのは細胞が受けたダメージを回復するところから始まります。

市販品では産毛しか生えてこないではなく、産毛が生えるようになってきたと考えて下さい。

やってはいけない薄毛対策もあります。

それはダーマペン。

塗り薬を頭皮に導入すると、細胞へのダメージが加速します。

AGAクリニックではダーマペンを使用して頭皮にミノキシジルを導入する治療方法がありますが、導入する液剤は塗り薬とは違うものを使用しています。

細胞にダメージを与えない液体を使用し、浸透圧なども考慮したもを使用しているので、市販の塗り薬を頭皮に導入するような危険な行為は避けるようにしましょう。