抜け毛の始まりは薄毛の始まり【薄毛の原因は遺伝?男性ホルモン?】

AGA
ケビン
ケビン

最近、抜け毛が増えてきたように感じる。

あれっ?俺ってハゲてきたのかも。

父親がハゲだから、俺もハゲるかもしれないな・・・。

突然、自分がハゲ始めていることに気づくその瞬間。

あなたのショックはとても大きいはず。

少し前までは、薄毛の治療方法はないとまで言われてきましたが、今は薄毛も治療できる時代になってきました。

薄毛の原因は3つあるのでそれぞれについて解説していきます。

薄毛の原因1:男性ホルモン

男性の薄毛の原因No.1は男性ホルモン。

男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼにより、ジヒドロテストステロンに変換されます。

このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞を攻撃することによって、毛は抜けてしまいます。

このジヒドロテストステロンの対策としては5αリダクターゼ阻害薬のプロペシア、ザガーロなどの治療楽やノコギリヤシなどのサプリメントがあります。

この説明の詳細はこちらになります。

プロペシア・ザガーロでは発毛しない?【盾の勇者は攻められないその理由】
プロペシア・ザガーロで発毛しない人には理由があります。プロペシアはいわゆる盾。毛包を攻撃するDTHから盾となって、あなたの毛包を守る役目を果たしているからです。発毛戦略には攻めも必要。プロペシア・ザガーロで発毛しない人は、攻めのアイテムを足してあげましょう。攻めのアイテムはミノキシジル。5種の攻めが可能です。

薄毛の原因2:遺伝

薄毛の原因として遺伝的要因はあります。

そのキーマンとなるのは母方の祖父です。

みなさんも性別を決める遺伝子に「X染色体」「Y染色体」があるのは知っていると思います。

薄毛の遺伝子は「X染色体」に乗って、母親から他の遺伝子と共にあなたに引き継がれます。

つまり

女性であるあなたの母親は祖母から「X染色体」祖父からも「X染色体」をもらっています。

すると

あなたの母親は祖母からひとつ、祖父からひとつ薄毛遺伝子をもらっていることになり母親の持っている薄毛遺伝子は合計2個となります。

確実に薄毛遺伝子を引き継ぐことになります。

母親が薄毛遺伝子を1個持っていた場合、祖母からかまたは祖父から1個薄毛遺伝子をもらっているのでこうなります。

確率は半々になります。

あなたの母親が薄毛遺伝子を持っていない場合はこうなります。

これは祖父も祖母も薄毛遺伝子を持っていないので、あなたに薄毛遺伝子が引き継がれていることはありません。

当然、祖母が薄毛遺伝子を持っている場合、祖母から薄毛遺伝子を引き継いでいる可能はありますが、女性は男性よりAGA発症率が低く、わかりにくいこともあるため、祖父の頭をみるとあなたが薄毛遺伝子を引き継いでいるのかがわかることになります。

父親がハゲなので、自分もハゲる!と心配している人もいますが、遺伝的要素は母親から引き継いでいるので、母方の祖父をよく見てみましょう。

それから、薄毛の原因は遺伝的要素よりも、男性ホルモンの影響の方が大きいため、母方の祖父がハゲていても薄毛になる可能性が0になったわけではありません。

そもそも日本人の3人に1人は薄毛であるといったデータもあるくらいなので、薄毛になるかもしれない、といった将来を心配するよりも、薄毛になった時に対処方法を考えた方がよいと思いますよ。

薄毛の原因3:睡眠不足・生活習慣・栄養不足

睡眠不足や生活習慣、栄養不足も薄毛の原因のひとつになりますが、この3つが原因となる薄毛は一時にヘアサイクルが乱れたという可能性が高くなります。

そもそも睡眠不足や生活習慣、栄養不足で毛が抜けるくらいであれば、体の方も相当ダメージを受けているはずです。

こういったことが原因では?と思い当たる人はまずは体の健康を取り戻すようにしましょう。

体調が戻った後でも薄毛が改善しないようであれば、それは男性ホルモンが原因なのですから。

まとめ

男性の薄毛の大きな原因は男性ホルモンです。

今では、男性ホルモンを抑えてくれるプロペシア、ザガーロなどの薬があり、薄毛の予防薬として大きな成果を上げています。

その他にも赤色LED治療など、副作用のない治療方法も開発され、更に発毛する症例は増えてくると思います。

こういった新しい治療方法を見守りながら、今できる有効な薄毛対策をすることが大切です。

メソ療法やHARG療法は、ともかく金額が高いですからね。

赤色LED治療は今現在では導入しているクリニックが少ないので、高額治療となってしまいますが、機器による治療なので価格が下がりやすい治療方法だと思っています。