【最新治療】AGAになる4大原因【薄毛に対するPGD2ブロッカーへの期待】

薄毛の治療薬 AGA
ケビン
ケビン

AGAになる原因って男性ホルモンの影響だけじゃないの?

PGD2ブロッカーって何だ?

AGAになる4大原因とは

AGAになる4大原因

・遺伝的要因

・男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)

・毛包の縮小化

・PGD2(プロスタグランジンD2)

遺伝的要因

遺伝的要因ももちろんありますが、この要因は排除できない事、日本人の3人1人はハゲるというデータから考えると、「しょうがないことだ。」とあきらめる他はありません。

ハゲは遺伝?【キーマンは母方の祖父】|ハチマル|note
ハゲは遺伝するってよく聞きませんか? 実は遺伝的要素もあるのです。 キーマンは母方の祖父。 母方の祖父がハゲていると、ハゲの遺伝子を受け継ぐ可能性がある 性別を決める遺伝子「X染色体」「Y染色体」の話は知ってる人も多いと思います。 この性別を決める遺伝子にハゲの遺伝子が組み込まれているのです。 男性の...

男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)

毛乳頭細胞がジヒドロテストステロンに攻撃されることで、細胞にダメージを受けてしまいます。

ダメージを受けた毛乳頭細胞は細胞を増やす事も出来なくなり、やがて髪を生やす力もなくなることで、脱毛した後に新しい髪が生えてこなくなります。

ジヒドロテストステロンの攻撃から毛乳頭細胞を守ってくれるのが、プロぺシアやザガーロなのです。

プロペシア・ザガーロでは発毛しない?【盾の勇者は攻められないその理由】
プロペシア・ザガーロで発毛しない人には理由があります。プロペシアはいわゆる盾。毛包を攻撃するDTHから盾となって、あなたの毛包を守る役目を果たしているからです。発毛戦略には攻めも必要。プロペシア・ザガーロで発毛しない人は、攻めのアイテムを足してあげましょう。攻めのアイテムはミノキシジル。5種の攻めが可能です。

毛包の縮小化

生物は常に進化と退化をくり返しています。

毛乳頭細胞が髪を作れなくなると、髪を作るために連動して働いていた毛包が縮小していきます。

「髪が生えないなら、もういらないよね。」と認識され退化していくのです。

毛包が縮小化し退化しきってしまった頭皮からは、髪は生えてこなくなります。

そうなると、髪を手に入れる方法は植毛しかなくなってしまいます。

縮小した毛包に対応するAGA治療

【2021年最新】成長因子導入治療を行っているクリニックまとめ【HARG療法との違い】
HARG療法はきいたことはあるけど、メソセラピー・メソ療法との違いはわかりますか。HARGカクテルを使用しているのが、HARG療法、それ以外の成長因子を使用してるのはメソセラピー・メソ療法と呼ばれています。どちらの治療法も成長因子を頭皮に導入するのが治療の最大のポイントになります。

退化した毛包に対応するAGA治療

植毛を行っているAGAクリニックまとめ【最新治療の植毛ロボARTASも紹介】
植毛ってどんな治療をするのかわからないですよね。そこで、今回は植毛治療の種類や方法について解説しています。植毛したらもう薄毛にはなりません。それは抜けない髪を移植するからなんです。一生薄毛を気にして生きるとか、一生かつらや増毛のメンテナンスにお金と時間を奪われるのが嫌な人にとっては植毛は最適な治療方法です。

成長因子阻害するPGD2(プロスタグランジンD2)

薄毛治療の研究史上画期的な発見といわれているのが、PGD2の存在です。

ペンシルベニア大学のジョージ・コトサレリス氏の研究チームが、薄毛治療に欠かせない成長因子を阻害する物質があることを発見したのです。

成長因子は髪を生やすために必要な物質です。

頭皮の機能が正常に働いているのであれば、体内で作られた成長因子が毛包に働きかけ、髪は生え続けます。

でも、何かの機能障害でこの成長因子が効かなくなります。

そのため、AGAクリニックでの治療で「成長因子を導入」する治療が行われるのです。

毛包が縮小化し始めている状態であれば、この治療はかなり効果のあるものです。

ただ、頭皮に導入する必要があるため、医師や機器の力が必要になってきます。

成長因子を頭皮に導入する方法

・注射

・高額な医療機器を使用する

✔ 注射

医師の手で注入していくので、医師の腕も必要となります。

もちろん麻酔もしてくれますが、頭皮は非常に薄いのでやはり多少の傷みはあるようです。

✔ 高額な医療機器を使用する

ミノキジェットや音響装置は医療機器であるため高額になります。

成長因子そのものも、高額であり保存も効きにくいことから、どうしても成長因子導入治療は高額になってしまいます。

その救世主となりそうなのが、このPGD2の発見になります。

PGD2(プロスタグランジン)とはどんな物質?

PGD2とは体内で作られる物質です。

出典:日本緩和医療会

PG(プロスタグランジン)にはいろいろな種類があり、体内でそれぞれの役割を果たしています。

アラキドン酸から作られる、PGは4種類。

そのなかのPGD2(プロスタグランジンD2)は、血小板凝集抑制や中枢作用などの働きを担っていることはわかっていました。

ところが、男性の脱毛している部位と脱毛していない部位を徹底的に比較したところ、この脱毛している部位ではPGD2を多く作られていることがわかったのです。

そして、このPGD2が髪の成長を抑制することを発見したのです。

ただ、治療に応用するにはまだ難しい問題があります。

このPGには髪に悪い影響を与えるものと(PGD2)、良い影響を与えるもの(PGF2)があることもわかっています。

PGF2は通常より長いまつげが生えている部位で多く作られていることから、毛髪の成長を促す作用があると考えられています。

出典:日本緩和医療会

同じ経路で作られるPGに天使と悪魔が存在していることになります。

薄毛の悩み

天使:PGF2(プロスタグランジンF2)

悪魔:PGD2(プロスタグランジンD2)

現在ではPGD2の細胞レセプターをブロックするような薬について研究が進んでいます。

この研究の何が「薄毛の研究史上画期的」だったかというと、これまで高額な治療であった成長因子を導入して発毛するという方法が、内服薬や外用薬によって治療できる可能性が出てきたということです。

成長因子を阻害するPGD2を抑える治療薬ができれば、大掛かりな成長因子導入治療を受けなくても薄毛が改善できるかもしれないのです。

市場に出回るまでには、まだ少し時間がかかりそうですが、特効薬となりうる治療法として確立される可能性は高いので、今後の薄毛治療に期待が持てそうです。