ミノキシジルで初期脱毛が起こる理由【髪のヘアサイクルの乱れが原因】

薄毛の男性 発毛剤
ケビン
ケビン

ミノキシジルを使い始めて、1ヵ月。

生えてきた髪が抜け始めたけど、いったいどういう事?

ミノキシジル使用による初期脱毛はいつから始まる?

ミノキシジルの初期脱毛は、使い始めてから約10から1ヵ月程で始まります。

抜け毛が増えて、薄毛が始まってすぐに対策を始めた人であれば、休止期に入ってしまった髪が多い人ほど、初期脱毛は早く現れる傾向にあります。

それは、成長期に向けて準備をしている髪があるからです。

髪が生えてもすぐに抜けてしまうのは、DHT(ジヒドロテストステロン)によってダメージを受けた毛包に髪を成長させる力がないからです。

初期脱毛が早く現れた人は1ヵ月程で抜け毛がおさまってきます。

髪がなかなか生えてこない人は、毛包のダメージが大きいことが原因。

3カ月はそのまま継続して使用を続けましょう。

ミノキシジルの初期脱毛が起こる原因

ヘアサイクルの乱れ
出典:アンファー

抜け毛が増える原因は、ヘアサイクルにあります。

AGAやFAGAなら、男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が毛包にダメージを与え、ダメージを受けた毛包はヘアサイクルの休止期に入ります。

その後、休止期で脱毛したあと、成長期へ移行できないので、いつまでも髪が生えてこないことが原因。

ミノキシジルを使うと、髪が生えてこなった毛包から髪を作り出す力が戻ってきます。

でも、毛包の髪を生やす力は弱く成長期の途中で、髪が抜けてしまいます。

これが、ミノキシジルを使ったときに起こる初期脱毛と言われるもの。

まだ、髪を生やす力が弱いので、生えた髪を育てることが出来ずに、短くて柔らかい髪が抜けてしまうのです。

しかし、これはミノキシジルが効いているという証明でもあります。

今まで髪が生えてこなったところから髪が生えてくるのですから、それはミノキシジルの効果によるものということになります。

まとめ

せっかく生えたと思った髪が抜けてしまうのはショックも大きいと思います。

でもそれは、ミノキシジルの効果の証。

今まで髪が生えてこなかったところに、髪が生えるようになるまで回復したということです。

髪を生やす細胞に力が戻ってくれば、髪の成長期を支えることができるようになるので、初期脱毛の期間は辛いけど、次のステップに進む段階だと思って乗り切りましょう。