【薄毛対策最新治療方法】ミノキシジル×超音波治療が効果的な理由

AGA
ケビン
ケビン

ミノキシジルと超音波で何で効果的に薄毛が治療できるの?

ミノキシジル×超音波治療が効果的な理由

ミノキシジルが細胞に取り込まれるには、このような段階を踏みます。

ミノキシジル⇒硫酸ミノキシジル⇒細胞のカリウムチャネルを活性化

ミノキシジルで発毛効果があまり出ない人は、ミノキシジルを硫酸ミノキシジルに変換する硫酸ミノキシジルの活性が低い可能性があります。

また、ミノキシジルは細胞のカリウムチャネルを活性化することで効果を発揮することがわかっています。

このカリウムチャネルを活性化させる方法が「非接触振動圧」といいう物理的な方法になります。

「非接触振動圧」によって、カリウムチャネルを活性化するとともに、毛乳頭細胞に作用する発毛因子であるFGF7とWISP1が増えることもわかっています。

ミノキシジルと振動圧を加えた部分の皮膚で発毛遺伝子の発現が亢進、徐々に周囲へも遺伝子発現が広がるという結果が実証されました。

細胞のカリウムチャネルとは

細胞には「イオンチャネル」と言われるものがあり、ミネラルのイオンの通り道になっているとともに、ここから様々な成分を取り込むこともできます。

「イオンチャネル」には、カリウムチャネルの他に、ナトリウムチャネル・マグネシウムチャネル・カルシウムチャネルなどがあります。

ミノキシジルはこのイオンチャネルを開く働きによって、薄毛の原因に作用しています。

このカリウムチャネルを開き活性化することで、薄毛の改善につながるのであれば、カリウムチャネルを活性化させる作用のある 「非接触振動圧」 を同時に使用することで発毛効果をアップさせることができるということになります。

この「ミノキシジル×非接触新動圧」の治療方法は試験導入の段階なので、これからAGAクリニックの治療現場での導入が増えてくるかもしれませんね。

ミノキシジルが効果がない人への新たな薄毛治療

ミノキシジルは薄毛治療に効果的な医薬品ですが、効果があまりでない人もいることがわかっています。

それは「硫酸転移酵素の活性が低い人」です。

ミノキシジルは体内で硫酸ミノキシジルに変換されて、発毛作用を発揮することができます。

このミノキシジルに作用するのが体内にある硫酸転移酵素。

この活性が遺伝的に弱い人がいることもわかっています。

この硫酸転移酵素を活性化させる成分が「カッコンエキス」と「ゲンチアナエキス」の2成分あることがわかっています。

こういった、体内の物質を活性化させていく方向での薄毛治療の研究も進んでいます。

「とにかく高濃度のミノキシジルを!」という考えはちょっと古いですよね。

細胞への取り込み量に限界はあるので、高濃度だから効果が高いというわけではありませんから。

参考資料:Dクリニック

カッコンエキス・ゲンチアナエキス配合のシャンプー

薄毛が気になり始めたら育毛シャンプー【ミノキの効果をブースト】
抜け毛が気になってきたから、シャンプーを育毛用に変えたい。だけど、どのシャンプーがいいの?と思ったことはありませんか。薄毛対策のシャンプーは何となくで選んでいる人は多いと思います。薄毛対策としてシャンプーを使うのであれば、ミノキシジルの効果をブーストしてくれるシャンプーを賢く選びましょう。

カッコンエキス・ゲンチアナエキス配合の育毛剤

育毛対策に効果的【ミノキジルの効果をブースト】する育毛剤
育毛剤を選ぶとき何を基準にして選んでいますか?発毛剤はミノキシジルを選ぶのに、「育毛剤はよく見るやつ」で選んではいませんか?薄毛対策は効果の出方の個人差が大きいのでこれが効くと限定できないのが難しいところです。将来の自分の姿を変えるために、ミノキシジルの効果をブーストしてくれる成分配合の育毛剤を紹介しています。

まとめ

ミノキシジルを使った薄毛治療。

ミノキシジルが高濃度だからといって効果が爆上げするわけではありません。

それよりも、薄毛治療は細胞の働きよる掛け算式で効果をアップする方がはるかに効果的です。

「非接触振動圧」ならミノキシジルを高濃度にするより副作用が少なくなります。

また、硫酸転移酵素の活性をあげることもミノキシジルを使うにあたって効果的な方法となります。