ミノキジル外用剤のメリット・デメリット【効果と副作用そして薬剤耐性】

薄毛の男性 AGA
ケビン
ケビン

ミノキシジルを使ったら本当に発毛するの?

発毛効果がある薬って他には無いのは何でなの?

AGA治療薬として使用されるミノキシジルですが、発毛効果が確認されている外用薬です。

その効果と副作用そして効果がないといった人の原因と対策について解説していきます。

ミノキシジルが発毛効果が確認されている唯一の薬といわれる理由

ミノキシジルはもともと1970年代に経口降圧薬として開発されています。

この副作用として多毛症が起こることから、発毛剤としての開発が始まりました。

そのため、どこにどんな作用があり発毛するのかといった作用機序がよくわかってないのです。

発毛に関してはこれを抑えれば効果があるといった決め手がわからないので、他の薬の開発がしにくく代替品がないのが現状です。

攻めのミノキシジル

守りのプロペシア・ザガーロ

脱毛する原因は男性ホルモンだということがわかっています。

ただ男性ホルモンを抑えただけでは脱毛を防ぐことはできても、発毛する作用は弱い。

そこで、内服薬のプロペシアとザガーロで脱毛を抑え、ミノキシジルで発毛させる攻守あわせてAGA治療は行われていくことになります。

ミノキシジルの効果

どこにどのように作用しているのかがよくわからないが、「発毛」するといった効果だけが先行してしているミノキシジルですが、作用についても少しづつわかってきています。

1.毛周期の制御

ミノキシジルによる成長期毛包の増加、休止期の減少、毛包の増大が観察されています。

これはミノキシジルが乱れた毛周期(ヘアサイクル)に関与して、正常な状態に戻しているといった作用が確認されています。

2.血流の促進

血液は血管平滑筋がポンプの役目を果たし、栄養を必要とした場所に血液を送ります。

ミノキシジルはこの血管平滑筋を弛緩させ、血の流れをよくする作用が確認されています。

ミノキシジルを頭皮に塗布することで、頭皮の血流量が増加し、発毛に必要な栄養素が発毛器官に運ばれて、髪が成長すると考えられています。

3.毛包細胞の増殖

ミノキシジルは細胞にあるアデノシン3リン酸感受性カリウムチャネルに作用して、細胞を作り出す作用のあるシステイン、アミノ酸、チミジンの取り込みを促進することが確認されています。

このことから、ミノキシジルの作用が毛包細胞の増殖に関わっていると考えられています。

4.細胞成長因子の産生促進

細胞を刺激して細胞の成長を促す作用を持つ成長因子。

ミノキシジルはこの成長因子の発生に関わっていると考えられています。

成長因子はAGA・美容分野で先進医療として使用され、効果もあげている治療に使用されています。

ミノキシジルは発毛に関わるIGF・HGF・VEGFの発現を促すことがわかっていて、ミノキシジルの作用による成長因子が発毛に効果的に働いていると考えられています。

5.男性ホルモン抑制作用

これまでミノキシジルは男性ホルモンには関わっていないと考えられてきましたが、最近ではミノキシジルに男性ホルモンを抑制する作用があるとの報告もあります。

ミノキシジルの副作用

・かゆみ

・塗布したところが赤くなる

・フケ

・炎症

・ヒゲが濃くなる

循環器系・神経系に副作用があらわれることはほとんどないのが、外用薬を使用する利点です。

市販薬でも口コミでみられる、かゆみ、頭皮が赤くなる、といった症状も、これまでの症例から推察すると添加物による可能性もある。

実際、ミノキシジル単体でこのような症状を起こす事例は極端に少ないのです。

このような症状がおきた場合、ミノキシジルの濃度を下げ1%のものを使用すると症状が改善されるケースもあるので、治療を続けていくことができるのもミノキシジルのメリットになります。

ミノキシジルのメリット・デメリット

効果と副作用を踏まえて、ミノキシジル外用剤をAGA治療に用いるメリット・デメリットをあげていきます。

ミノキシジルのメリット

・作用機序がわかならいが、発毛する実証例がある。

・副作用が少なく、長期間(6~12か月間)治療を行うAGA治療に向いている

・男性ホルモン抑制剤のプロペシア・ザガーロと作用機序が違うので併用するのに向いている

ミノキシジルのデメリット

・女性が使用する場合には注意が必要

・初期脱毛が起こる

ミノキシジルの外用薬は市販品で1%、AGAクリニックでも2%濃度のものを使用します。

ミノキシジルは胎児に影響を及ぼす可能性があるので、妊娠の可能性がある女性が使用する場合は注意が必要になります。

また初期脱毛が起こることがあります。

ヘアサイクルの乱れを正常化する際、寿命の短い毛髪が出てくるため、一時的に起こる症状になります。

発毛したい人にとって、抜け毛が増えるのは衝撃的なことだと思いますが、それはミノキシジルが作用している証拠です。一時的なものなのでここが我慢のしどころ。

フケが増えることもありますが、これまで代謝が滞っていたものが血流がよくなり新代謝が活発になった証拠。

毎日、シャワーを浴びるなどの清潔感を保っていれば、いずれ症状はおさまってきます。

ミノキシジルの薬剤耐性

薬剤耐性とは同じ薬を長期間使い続けると、薬の効果がおちてしまう現象のことです。

ミノキシジルは市販でも購入できるAGA治療薬です。

薬剤耐性がおこるような薬は、治療を中断し、症状が改善しないことを意味します。

ですので、薬剤耐性があるような薬は、市販薬としては適さないとして医療用の薬のみでの流通となります。

医療用で使用されてきた経過では、薬剤耐性があらわれたという報告はほとんどありません。

まれに体質に合わない人が、発毛効果を得られなかったという事実を薬剤耐性だと思い込むケースが薬剤耐性があると言われれる根拠に近いのではないでしょうか。

ミノキシジルが効ない体質とは【対処法もあり】

ミノキシジルは体内に入り硫酸ミノキシジルとなって効果を発揮します。

この硫酸ミノキシジルに変化させるのが硫酸転移酵素。

この硫酸転移酵素の発現が弱い人がいます。

この体質にあてはまると、発毛効果のある唯一の外用剤であるミノキシジルの効きが悪くなるのです。

これを改善する成分として、カッコンエキス・ゲンチアナエキスが知られているので、ミノキシジルが効かないという人はシャンプーや育毛剤にカッコンエキス・ゲンチアナエキス配合のものを使用するという方法も。

薄毛が気になり始めたら育毛シャンプー【ミノキの効果をブースト】
抜け毛が気になってきたから、シャンプーを育毛用に変えたい。だけど、どのシャンプーがいいの?と思ったことはありませんか。薄毛対策のシャンプーは何となくで選んでいる人は多いと思います。薄毛対策としてシャンプーを使うのであれば、ミノキシジルの効果をブーストしてくれるシャンプーを賢く選びましょう。
育毛対策に効果的【ミノキジルの効果をブースト】する育毛剤
育毛剤を選ぶとき何を基準にして選んでいますか?発毛剤はミノキシジルを選ぶのに、「育毛剤はよく見るやつ」で選んではいませんか?薄毛対策は効果の出方の個人差が大きいのでこれが効くと限定できないのが難しいところです。将来の自分の姿を変えるために、ミノキシジルの効果をブーストしてくれる成分配合の育毛剤を紹介しています。

まとめ

ミノキシジル外用剤の効果・副作用を含めたメリット・デメリットについて説明してきました。

ミノキシジルの薬剤耐性といった症状については、体質にあっていないことが要因と考えられます。

原因としては硫酸転移酵素考えられるので対処の方法も併せて紹介しています。

ミノキシジルは発毛するが、弱り切った頭皮には効果があらわれにくいといった特徴も持っています。

発毛には何種類もの成長因子が関係していて、それをミノキシジルだけで改善するのは難しいというのが現状です。

そですが、そんな弱り切った頭皮には、成長因子の導入が効果をあらわしています。

ミノキシジルで発毛しないとお悩みの人は、薄毛が進行してしてしまった人。

そんな人には、メソ療法・HARG療法など新たな先進医療が必要になってきます。