なぜ男はハゲるのか?【抜け毛が減らないその理由と対策を徹底解説】

AGA
ケビン
ケビン

なぜ、男はハゲるのだろうか?

日本人の3人に1人はハゲになるってきいたことがあるんだが・・・。

ボクも将来ハゲるのか!

男がハゲる5つの理由

男性ホルモンがある以上、男はハゲる確率が高い。

でも、安心してください。

男性ホルモンを抑制する良い薬がありますよ。

ここまでは薄毛に悩んでいる人にとっては当たり前の話だと思います。

でもなぜ、プロペシアやザガーロだけでは、毛が生えないのしょうか。

男がハゲる5つの理由とその対策について解説していきます。

理由1:頭皮の栄養不足(栄養補給はバランスが大切)

髪が生えるの必要な栄養素でよく聞くのが亜鉛です。

でも、亜鉛だけで髪が生えてくることはありません。

亜鉛を摂取する理由は、抜け毛を防ぐ作用があるからなんです。

抜け毛が増えていまうのは、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが毛包を攻撃してしまうことが原因。

ジヒドロテストステロンを作るのに働く5αリダクターゼという酵素を阻害する作用が亜鉛にはあるのです。

ただ、現在ではプロペシアやザガーロなどの優秀な「5αリダクターゼ阻害薬」があるので、そちらを活用した方が抜け毛予防には効果があります。

サプリメントなどで成分を摂る目的は主に栄養補給です。

髪を生やすために必要な栄養素は亜鉛の他に、シスチンやビタミン。

これらの栄養素をバランスよく摂っていかないと、私たちの身体は亜鉛をうまく利用することができません。

普段の食生活で栄養不足を感じている人は、頭皮の栄養も不足している可能性があります。

育毛したいと思っている人は、亜鉛の他にシスチンやビタミンが配合されているサプリメントを選ぶようにしましょう。

抜け毛が気になり始めたら薄毛対策【ミノキシジルの効果をブーストするサプリ】
ミノキシジルの効果をあげる成分はシスチンだった。髪を構成しているのはアミノ酸。その中でもミノキシジルとの併用に効果がありそうなのがシスチンです。まだ培養細胞レベルの試験結果ですが、今後は発毛効果での研究結果が待たれるところです。

理由2:頭皮環境の悪化(皮脂の分泌量の差によって使いわけよう)

食生活や睡眠不足によって、頭皮の環境が悪化していることも抜け毛が増える要因となります。

頭皮に合わないシャンプーを使っていることもで、頭皮環境が悪化して抜け毛が増えることも。

男性は女性より皮脂の分泌量が多く、特に男性ホルモンが増加する思春期から青年期の人は皮脂の分泌量が増えていきます。

分泌された皮脂が頭皮に残ると皮脂が酸化して、ニオイや頭皮トラブルの原因に。

中年期以降の人は、頭皮の乾燥が原因で頭皮トラブルを起こしている可能性もあります。

その他に、ワックスなど洗い流しにくいスタイリング剤を使用している人は、スタイリング剤が落としきれず頭皮に残ってしまうことも抜け毛が増える原因となります。

自分の頭皮環境を見極めて、頭皮にあったシャンプーを使うようにしましょう。

頭皮に皮脂が多い人・スタイリング剤を使用している人におススメのシャンプー

薄毛が気になり始めたら育毛シャンプー【ミノキの効果をブースト】
抜け毛が気になってきたから、シャンプーを育毛用に変えたい。だけど、どのシャンプーがいいの?と思ったことはありませんか。薄毛対策のシャンプーは何となくで選んでいる人は多いと思います。薄毛対策としてシャンプーを使うのであれば、ミノキシジルの効果をブーストしてくれるシャンプーを賢く選びましょう。

頭皮の乾燥が気になる人におススメのシャンプー【ケフトル アミノシャンプーEX】

女性の薄毛治療【女性のFAGAは分け目からハゲる】
分け目ハゲの原因はFAGA(女性型脱毛症)FAGAは進行していきます。早めの対応で、薄毛を改善していきましょう。FAGAの原因は男性ホルモン。男性ホルモンを抑制するスピロノラクトンやノコギリヤシが効果的です。次の髪が生えるまでの間は、髪のボリュームアップで薄毛をカバー。シャンプーやスタイリング剤を上手に利用していきましょう。

理由3:ヘアサイクルの乱れ

抜け毛が増える原因として、ヘアサイクルの乱れが考えられます。

 

 

 

 

 

出典:アンファー

ヘアサイクルが乱れると、髪の成長期が極端に短くなり髪が育ちきらないうちに脱毛してしまうことが薄毛になる原因です。

男性ホルモンのバランスの変化や、栄養不足、睡眠不足などによってヘアサイクルが一時的に乱れてしまうことも。
細くて短い髪が増えたのであれば、ヘアサイクルが乱れている可能性があります。
そんな時は、育毛剤で髪を太く育てる対策をしていきましょう。

抜け毛が気になり始めたら薄毛対策【キャピキシル配合育毛剤編】
抜け毛が気になりだしたら、薄毛対策をしましょう。薄毛の治療はヘアサイクルとの向き合い方が大事。自分にあった対策をしないとなかなか結果がでないことに。ここでは薄毛対策の育毛剤としてキャピキシル配合製剤を紹介しています。
抜け毛が気になり始めたら育毛対策【効果で選ぶ育毛剤イクオスEXプラス】
育毛剤の選び方に迷っていませんか。発毛剤は成分で選ぶのに、育毛剤は価格やイメージで選びがち。育毛剤にも育毛効果のデータがある成分を配合したものがあるんです。なんとなくで選びがちな育毛剤。本気で薄毛対策を考えているのなら、効果の高い育毛剤を選びませんか。

理由4:細胞の老化

年齢を重ねると共に細胞も老化していきます。

髪を育る細胞も例外なく老化していくのです。

中年期以降の薄毛の原因は細胞は老化してしまったことが原因の可能性があります。

こうなってしまうと、AGAクリニックで細胞のテコ入れの治療を行うしか手立てがないことも。

細胞の老化に効果があるのは、成長因子です。

成長因子とは細胞の増殖を促してくれるもので、私たちの体内に存在し生きて行くために機能しているタンパク質です。

それが、加齢によって機能しずらくなっていきます。

長い間、男性ホルモンの攻撃を受け続けた毛包細胞は疲弊しきった状態になっている可能性もあります。

ミノキシジルには、発毛に関係する成長因子を作る働きも確認されています。

ミノキシジル配合の発毛剤を使用しながら、髪の発毛状態を確認していきましょう。

ミノキシジルで効果がみられないようなら、細胞のダメージが大きすぎることが考えられるので、AGAクリニックで成長因子導入の治療を受けることを考えてみてください。

ミノキジル外用剤のメリット・デメリット【効果と副作用そして薬剤耐性】
発毛効果が確認されている唯一の薬といわれるミノキシジル。その作用は現在でもあまりわかっていません。そのため、他に変わる薬が作りにくいというのが事実です。ミノキシジルの多岐に渡る効果と副作用、そして薬剤耐性はおこるのかといったことについて説明しています。またミノキシジルを効かない人の特徴と対策についても一例を紹介しています。
【2020年最新】成長因子導入治療を行っているクリニックまとめ【HARG療法との違い】
HARG療法はきいたことはあるけど、メソセラピー・メソ療法との違いはわかりますか。HARGカクテルを使用しているのが、HARG療法、それ以外の成長因子を使用してるのはメソセラピー・メソ療法と呼ばれています。どちらの治療法も成長因子を頭皮に導入するのが治療の最大のポイント。成長因子はAGA治療にとってはまだ新しい治療方法。ただしく理解して信頼できるクリニックで治療を行いましょう。

理由5:男性ホルモンの増加

思春期から青年期にかけて、男性ホルモンは急激に増加します。

男性が薄毛になる原因の最大の原因は男性ホルモン。

頭皮の細胞もまだ若く、活発なのに抜け毛が増える「若ハゲ」の原因は、男性ホルモンの急激な増加に毛包が耐えられなくなってしまったことが大きな原因となります。

男性のAGAにはプロペシアやザガーロの内服薬治療が効果的です。

まとめ

男性の薄毛の原因のほとんどはAGA(男性型脱毛症)だと言われています。

AGAは進行するので年齢や薄毛を放置した期間によって、対応が変わってきます。

「これが原因だ!」と明確にできないのが薄毛治療を難しくしている要因です。

そのため、思い当たる原因をひとつずつ取り除いていくことが重要になってきます。

どんな抜け毛・薄毛対策をしたらいいかわからないという人のために年齢別対策法を解説しています。

参考にしてしてみてください。

【私が考えた】抜け毛が気になる20代におススメの育毛方法【早期対策】
抜け毛が気になったら薄毛対策が必要です。なぜって、薄毛は進行するから。薄毛の初期段階であれば対策も立てやすく、発毛する可能性も高くなります。薄毛対策も育毛剤だけ使用するより、トータルケアを考えましょう。20代の今から育毛活動を行えば、将来ハゲる確率は低くなりますよ。抜け毛が増えているようなら、早めの育毛対策です。
【私が考えた】薄毛が広がる30代におススメの育毛方法【発毛を中心】
30代の薄毛対策は発毛に重点をおいて対策方法を考えていきましょう。薄毛は進行し、40代で加速する傾向に。手遅れになる前に発毛対策をしていきましょう。20代より薄毛が広がってきたかな、と感じている人はトータル的に薄毛対策を行うことが重要になってきます。AGA診療も視野に入れて早めに薄毛対策を行っていきましょう。
【私が考えた】薄毛が進行した40代におススメの発毛方法【植毛もあり】
40代になると薄毛は加速していきます。気づいたら薄毛が広がってきたという人もいるのではないでしょうか。加齢と共に髪も育ちにくくなってきます。そんな人は植毛も視野に入れてみて下さい。実は日本は植毛先進国。植毛は医師の技術によるところが大きいのですが、最近では植毛ロボを使用するクリニックも出てきました。植毛は再生医療技術の導入の検討もされています。数年後には植毛は当たり前のことになるかもしれません。