AGA治療で産毛しか生えない人の理由【早めの対策が必要なわけ】

AGA
ケビン
ケビン

薄毛が始まり、AGA治療を始めたけど産毛しか生えてこない。

これじゃ、治療したのに効果はなかった・・・。

こんな思いをした人もいるのではないでしょうか?

AGA治療を始めて生えてきた産毛こそ、治療の効果があった証明です。

どうして産毛しか生えてこないのか、その理由について細胞の機能から解説していきます。

薄毛の原因

薄毛の原因は男性ホルモンが髪を生やす細胞を攻撃し、抜け毛が増えることから始まります。

ですから、フィナステリドなどの男性ホルモンを抑えて、さらにミノキシジルなどの髪を生やす成分で髪を増やしていきます。

この抜け毛の原因を作っているDHT(ジヒドロテストステロン)の作用は強力なのです。

DHT(ジヒドロテストステロン)の強力な攻撃を受け続けた毛包細胞は、委縮します。

委縮した細胞はその後、「使わない細胞だ」と認識され退化していくのです。

退化してしまった細胞はどんな治療をしても、元の機能を取り戻すことはなくそこから髪が生えてくることありません。

こうなってしまった場合、植毛をするしか髪を生やす方法はなくなります。

そのため、薄毛が始まったときに早めの対処が必要になってくるのです。

出典:MONOist

この現象は、年齢を重ねれば重ねるほど加速していくので、早めの対策が必要になってくるというわけです。

AGA治療で産毛しか生えてこない理由

髪を生やす細胞、毛包細胞のダメージ度によって、髪の生え方は変わってきます。

毛包細胞のダメージ度

・第一段階(抜け毛が増える)

・第二段階(髪が育たなくなる)

・第三段階(髪が生えてこなくなる)

・第四段階(髪を生やす細胞の消滅)

第一段階(抜け毛が増える)

抜け毛が増えるのは、まだまだ初期段階。

一時的に髪が抜けてしまっている状態です。

この段階で薄毛対策を始めれば、抜けてしまった髪の代わりに生えてくる髪も、これまでと変わらない太さの髪が生えてきます。

その理由は、髪を生やす細胞(毛包細胞)のダメージがほとんどないので、普通の髪が生えてきます。

第二段階(髪が育たなくなる)

薄毛ではない人の毛周期は異状なく健康的なヘアサイクルで髪を育てていきます。

しかし、薄毛が始まった人は毛周期をショートカットをし始めます。

出典:アンファー

これは毛包に髪を育てる力がなくなってしまったため、髪が細く短いまま抜けてしまっている状態を表しています。

この状態で薄毛対策を始めたのであれば、髪を育てる力を助けてあげればいいだけなので、少し細い髪が生えてくる状態から、少しずつ太い髪に成長させることができます。

第三段階(髪が生えてこなくなる)

DHT(ジヒドロテストステロン)の攻撃を受け続けた毛包細胞は、細胞自体が髪を生やす機能を失いミニチュア化が始まります。

出典:MONOist

ミニチュア化した細胞からは、髪は生えてこなくなります。

この段階で治療を行わなければ、毛包細胞は退化しなくなります。

ミニチュア化した細胞はすでに髪を生やす力すらなくなっている状態です。

この状態の細胞を復活させるには、長い時間と色々なアプローチが必要になってきますし、一度機能を失った細胞から生えてくる髪はもちろん赤ちゃんの産毛程度のものになります。

この産毛程度の髪をさらに育てていかないと、以前のような髪にはなりません。

この産毛を育てていく根気と費用が必要ということになるので、

AGA治療は早めにね。

と言いたくなるわけです。

産毛しか生えてこないことを

ケビン
ケビン

治療の効果がなかった・・・。

細胞が育つのにはものすごく時間がかかるものなのです。

AGA治療をしたのに産毛しか生えてこないのは、毛包細胞のリハビリ中でリハビリには長くかかるという理由からなのです。

第四段階(髪を生やす細胞の消滅)

毛包細胞のミニチュア化をそのまま放置するれば、やがて毛包細胞は退化し消滅します。

ここまでくると、薄毛対策としてできることは植毛しかありません。

植毛する毛包細胞は、DHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けない、側頭部や後頭部の細胞を使いますので、二度とAGAの恐怖にさらされることはなくなります。

植毛を行っているAGAクリニックまとめ【最新治療の植毛ロボARTASも紹介】
植毛ってどんな治療をするのかわからないですよね。そこで、今回は植毛治療の種類や方法について解説しています。植毛したらもう薄毛にはなりません。それは薄毛にならない毛を移植するからなんです。一生薄毛を気にして生きるとか、一生かつらや増毛のメンテナンスにお金と時間を奪われるのが嫌な人にとっては植毛は最適な治療方法です。気になる費用についても紹介しているので参考にしてみてください。

まとめ

「AGAは進行します」と言われますが、進行すれば細胞の機能が失われるということになります。

抜け毛が始まったばかりの人は、髪を生やす作用のある育毛剤でも効果がある可能性が高いのですが、ヘアサイクルのショートカットが始まってしまった人はミノキシジルの方が髪が生えてくる可能性はグッとあがります。

髪を生やす細胞に働きかける機能のある育毛剤

抜け毛が気になり始めたら薄毛対策【キャピキシル配合育毛剤編】
抜け毛が気になりだしたら、薄毛対策をしましょう。薄毛の治療はヘアサイクルとの向き合い方が大事。自分にあった対策をしないとなかなか結果がでないことに。ここでは薄毛対策の育毛剤としてキャピキシル配合製剤を紹介しています。

ミノキシジル配合の発毛剤

抜け毛が気になり始めたら薄毛対策【ミノキシジル発毛剤編】
抜け毛が気になりだしたら、薄毛対策をしましょう。薄毛の治療はヘアサイクルとの向き合い方が大事。自分にあった対策をしないとなかなか結果がでないことに。ここでは薄毛対策の発毛剤編としてミノキシジル配合の医薬品を紹介しています。

そのときに併用して欲しいのがフェイナステリドなどの男性ホルモン抑制剤です。

【薄毛対策】プロペシアとザガーロどっちが効く?【2つの違いを徹底比較】
薄毛対策として欠かせないのが、プロペシアとザガーロ。どちらも抗男性ホルモン薬だけど、いったい何が違うの?プロペシアもザガーロも「診療ガイドライン」で使用が推奨されている治療薬ですが、第一選択肢としてプロペシアになります。気になる男性機能低下の副作用の違いについても解説しています。

さらに毛包のミニチュア化が進めば、成長因子導入治療などの高額医療でなければ、毛包の機能が回復しないので髪が生えてくることはありません。

成長因子導入治療を行っているAGAクリニック

【2020年最新】成長因子導入治療を行っているクリニックまとめ【HARG療法との違い】
HARG療法はきいたことはあるけど、メソセラピー・メソ療法との違いはわかりますか。HARGカクテルを使用しているのが、HARG療法、それ以外の成長因子を使用してるのはメソセラピー・メソ療法と呼ばれています。どちらの治療法も成長因子を頭皮に導入するのが治療の最大のポイント。成長因子はAGA治療にとってはまだ新しい治療方法。ただしく理解して信頼できるクリニックで治療を行いましょう。

最終的に毛包は退化し消滅するので、植毛しか方法はなくなります。

植毛を行っているAGAクリニックまとめ【最新治療の植毛ロボARTASも紹介】
植毛ってどんな治療をするのかわからないですよね。そこで、今回は植毛治療の種類や方法について解説しています。植毛したらもう薄毛にはなりません。それは薄毛にならない毛を移植するからなんです。一生薄毛を気にして生きるとか、一生かつらや増毛のメンテナンスにお金と時間を奪われるのが嫌な人にとっては植毛は最適な治療方法です。気になる費用についても紹介しているので参考にしてみてください。

乱れていたヘアサイクルを戻す過程で、せっかく生えた産毛も抜けてしまう現象がAGA治療の過程で起こる初期脱毛になります。

毛包のリハビリがまだまだ足りなくて、髪をホールドする力がないために脱毛してしまう現象です。

骨折で例えるなら、骨はくっつてきたけど筋力は落ちているので体を支える力がない状態ともいえます。

薄毛の治療は根気のいる治療です。

髪を生やしたいと思っている人は、根気よく続けていくことが大切なことになってきます。

栄養を改善したり、頭皮マッサージで髪が生えてくる人は一時的に抜け毛が増えてしまった人だけなので、あまり効果のある対策とはいえません。