薄毛になった時のドライヤーのかけ方と選び方

AGA
ケビン
ケビン

ドライヤーって薄毛に良くないのかな?

薄毛でもドライヤーかけた方がいいの?

薄毛にいいドライヤーってないのかな?

抜け毛が増えて薄毛になると、シャンプーやドライヤーが怖くなりますよね。

それは、シャンプーやドライヤーの時に髪がたくさん抜けるのを目にするからです。

でも、原因はシャンプーやドライヤーではありません。

すでに、髪が抜けてしまう原因があるから、髪が抜けてしまうのです。

薄毛の人でもドライヤーの使用で頭皮の疾患を抑えることができるので、使った方がいいのです。

薄毛の人のドライヤーを使った方がいい理由と、薄毛に効果のあるドライヤーについて紹介していきます。

薄毛が気になり始めた人のドライヤーのかけ方

ドライヤーのかけ方

・髪はしっかりよく乾かすこと

・育毛剤・発毛剤を使うときは、髪を乾かした後に使用する

✔ 髪はしっかりよく乾かす。

髪を湿ったまま放置すると細菌の温床となり、薄毛の原因になることがあります。

・マラセチア菌

マラセチア菌が繁殖すると、頭皮湿疹の原因となりこの湿疹が抜け毛の原因になります。

この細菌が毛包に炎症を起こすので、炎症を起こした毛包は髪を作ることができなくなり、薄毛の原因となります。

✔ 育毛剤・発毛剤を使うときは、髪を乾かした後に使用する

育毛剤・発毛剤を使用するときは、髪を乾かした後に付けるようにしましょう。

ドライヤーの熱で、育毛剤・発毛剤の成分が変化してしまうことを防いでくれます。

薄毛におススメのドライヤー

ドライヤーは髪を乾かすためのものですが、どうせなら薄毛にいいものを使いたいという人には「髪を生やす細胞」を育てる作用のあるドライヤーをおすすめします。

赤色LED搭載のドライヤー

赤色LEDは薄毛治療にも用いられている光による治療方法。

2017年のAGA治療方法のガイドラインにも推奨される治療方法として収載され、副作用がない薄毛の治療方法として注目されています。

赤色の光をあてるだけで、毛乳頭細胞を育てることができます。

「プラズマクラスター ヘアドライヤー ヘアリプロ N-LED SONIC AD-HR01」

赤色LEDは新しい薄毛治療の方法です。

副作用がないので、女性でもこの治療を安心して受けることができます。

赤色LEDの詳細はこちら

抜け毛が気になり始めたら薄毛対策【最新:赤色LED搭載の頭皮マッサージ器】
抜け毛が気になりだしたら、薄毛対策をしましょう。薄毛の治療はヘアサイクルとの向き合い方が大事。自分にあった対策をしないとなかなか結果がでないことに。ここでは薄毛対策の頭皮マッサージ器を紹介しています。AGA診療にも使用されている技術を搭載した頭皮マッサージ器も購入できます。

まとめ

薄毛になるとシャンプーやドライヤーのときに髪が抜けるので、シャンプーやドライヤーが悪いのでは?と思うこともあると思います。

でも、それは抜けるべくして抜けてしまった髪なのです。

原因は他にあるので、ドライヤーを避けることは頭皮環境の悪化をまねくこともあります。

でも、どうせならドライヤーで「髪を生やす細胞」を育てて、育毛効果をあげませんか。