アルコールフリーの育毛剤が存在しない理由【角層ブロック通過】

エタノール AGA
ケビン
ケビン

育毛剤ってほとんどのものにエタノールが配合されている。

アルコール(エタノール)フリーの育毛剤ってないのかな?

アルコール(エタノール)の頭皮に与える影響は気になりますよね。

なぜ、アルコール(エタノール)を配合している育毛剤が多いのかというと、それは「経皮吸収」を高めるためなんです。

経皮吸収とは

経皮吸収とは、角層バリアを通すこと。

アルコール(エタノール)で角層バリアを一時的に壊し、そこから有効成分を毛包細胞まで届けるのです。

角層とは皮膚表面の一番上の部分です。

この角層バリアのおかげで、身体の中に細菌やウィルスが浸入するのを防ぐことができる大切な防御機能です。

角層はレンガのような構造をしているので、物質がここを通り抜けるのは難しいというわけです。

角層の図

経皮吸収を高める成分

経皮吸収を高める方法

・アルコール(エタノール)

・l-メントール

・分子量

アルコール(エタノール)配合剤のメリット

エタノールの役割

分子量の大きいものでも角層バリアを通過させることができる

角層を犠牲にして、毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化がはかれる

肌に塗る化粧水などは角層を犠牲にしてしまうと、肌がくすんでしまったり、あれ肌になるのでアルコール(エタノール)フリーになるのは当然のことです。

育毛剤のターゲット細胞は、髪を生やす細胞(毛乳頭細胞や毛母細胞)です。

そのため、角層に気を使って髪を生やす細胞に有効成分が届けられないのでは育毛剤の意味がありません。

頭皮には髪が生えておりあまり目立たないことや、頭皮の角層を整え艶肌が褒められることもありません。

そのため、角層を犠牲にして髪を生やすことを重要視しているのでアルコール(エタノール)を使用している育毛剤が多いのです。

アルコール(エタノール)配合剤のデメリット

アルコール(エタノール)のデメリット

アルコール(エタノール)に過敏に反応する人は使用できない

頭皮の炎症が激しくなると、髪を生やす細胞にまで影響がでるのでかゆみやひりひり感、赤みが出る人は使用しないようにしましょう。

アルコール(エタノール)に過敏に反応する人の対処法

l-メントール配合している育毛剤を使う

l-メントールを配合しているものは、エタノールの含有量が少ないものが多いです。

l-メントールを配合している発毛剤はリアップだけ

抜け毛が気になり始めたら薄毛対策【ミノキシジル発毛剤編】
抜け毛が気になりだしたら、薄毛対策をしましょう。薄毛の治療はヘアサイクルとの向き合い方が大事。自分にあった対策をしないとなかなか結果がでないことに。ここでは薄毛対策の発毛剤編としてミノキシジル配合の医薬品を紹介しています。

l-メントール配合の育毛剤

育毛剤「REDEN」の成分を徹底解説【育毛に必要な成分とは】
育毛剤って何を基準に選んでいますか?私は「髪を生やす成分」配合されていることが最重要だと思っています。化粧品会社で働く研究員が「REDEN(リデン)」の成分を徹底解説しています。嫌われがちなアルコール(エタノール)がどうして育毛剤に必要なのかについても解説しています。育毛剤はイメージではなく成分で選ぶことをおすすめします。

分子量

角層バリアを通過するには、分子量の小さなものを使用する方法があります。

化粧品などでよく目にする、ペプチド化・ナノ化はエタノールやl-メントールを使用することなく、角層バリアを通過させるために成分の改良を行います。

育毛剤や発毛剤には、こういった改良された成分がまだないため、エタノール・l-メントールを配合して、有効成分を角層バリアを通過させ毛包に届ける工夫をしています。

まとめ

アルコール(エタノール)を使用していない、育毛剤・発毛剤はありません。

でもそれは、有効成分を毛包細胞に届けるために必要なものなのです。

ミノキシジル配合の発毛剤は効果は高いのですが、使用感が悪いところが欠点。

使用感が苦手な人は、髪を生やす細胞に働きかける【キャピキシル・リデンシル】といった成分を使用している育毛剤も検討してみて下さい。