【育毛剤を選ぶときの3つの基準】キャピキシルはまつ毛の育毛で実績あり

簡単に選ぶ AGA
ケビン
ケビン

育毛剤に配合されている成分っていろいろあって、よくわかんないや。

いったい、どの成分で選んだらいいの?

育毛剤を選ぶときの基準は成分。

できることなら、髪の毛を増やしたいと思って育毛剤を使っているはずです。

それなら、育毛作用のある成分を配合している育毛剤を選んだ方がいいと思いませんか。

育毛作用のある成分を選ぶ3つの基準

3つの基準
育毛剤を選ぶときの基準

・エビデンス

・実績

・多角的アプローチ

育毛剤を選ぶときの基準として、重要なことが「エビデンス」。

このエビデンスを参考にするときの基準はいろいろあるのですが、まずは髪を生やす細胞に働きかける作用があること。

・毛母細胞

・毛乳頭細胞

この2つの細胞に働きかける作用の育毛剤を選ぶようにしましょう。

エビデンス

エビデンスのある育毛成分

・キャピキシル(カナダ)

・リデンシル(スイス)

・プロキャピル(フランス)

・アナゲイン(スイス)

・バイキャピル(スペイン)

・アデノシン(日本)

・t-フラバノン(日本)

・6-ベンジルアミノプリン(日本)

・6-ジンゲロール(日本)

・アルガス-3(日本)

薄毛は日本だけはなく世界各国の悩み。

世界中で育毛剤の研究は行われているので、日本ではあまりなじみのない育毛成分でも、海外では使用実績のある成分もあります。

育毛剤とは髪を太くしたり、髪の成長を促したりする作用を持つもの。

喚起を生やす細胞の働きなくして、こういった作用を期待するのことは難しいといえます。

エビデンスがあっても個人差のある育毛作用。

エビデンスがあることの重要性は、よく見る「効果には個人差があります。」のこの文字以前の話。

口コミや体験談は、「効果には個人差があります。」の個人差にあたります。

小さな効果の違いをみるより、まず、大きな効果が得られる部分を見よう!

実績

実績

他の製剤に使用されているかといいうことも、選ぶときの参考になります。

育毛作用以外の商品に使用されている場合、「育毛に直接作用する成分ではないんだな。」と思ってください。

注意するべき2つの成分

・酢酸DL-α-トコフェロール

・グリチルリチン酸ジカリウム

この2つの成分は化粧水などにもよく配合されている成分です。

この2つの成分を主成分としている育毛剤であるなら、この2つの成分を配合している化粧水を頭皮に塗っても同じ効果が得られるということ。

頭皮はスベスベになっても、髪のボリュームが増えることはありません。

まつ毛美容液に配合されている「キャピキシル」

育毛剤に配合されている成分『キャピキシル』はまつ毛育毛剤に配合されている成分。

まつ毛の育毛作用が評価され、育毛剤にも配合されるようになりました。

3Dアイラッシュセラムは【アットコスメ】の口コミ評価でも6.1を獲得しています。

3Dアイラッシュセラム

まつ毛も毛であり、毛が生える作用は同じ。

また、まつ毛育毛で実績のある『キャピキシル』は、頭皮の毛にも同じ効果を期待することができる成分になります。

キャピキシルが育毛成分として最適なその理由

まつ毛美容液など、目の周りはとってもデリケート。

化粧品を作るときにも、目の周りに使用できる成分には制限があります。

目は粘膜なので、強い刺激がある成分などは、配合できないことになっているんです。

育毛剤を使用する人の中には、

薄子
薄子

ミノキシジルじゃ、刺激が強すぎて肌にあわない。

という人も多いのではないでしょうか。

そんな人にもおすすめできるのが、このキャピキシルという成分。

キャピキシルは、目の周りに使用するまつ毛美容液にも配合可能な成分。

頭皮にヒリヒリ、ピリピリした違和感がある人にも、炎症を起こしにくい育毛成分として使える育毛成分となっています。

まつ毛も【毛】であることを考えると、まつ毛を生やす実績のある成分は髪の育毛効果もあるということです。

多角的アプローチ

「髪を生やす」という行為に不可欠なのは、多角的なアプローチができるかということ。

発毛作用のある医薬品「ミノキシジル」には5つの作用があることがわかっています。

ミノキジル外用剤のメリット・デメリット【効果と副作用そして薬剤耐性】
発毛効果が確認されている唯一の薬といわれるミノキシジル。その作用は現在でもあまりわかっていません。そのため、他に変わる薬が作りにくいというのが事実です。ミノキシジルの多岐に渡る効果と副作用、そして薬剤耐性はおこるのかといったことについて説明しています。またミノキシジルを効かない人の特徴と対策についても紹介しています。

この「ミノキシジル」の作用からわかることは、

発毛には多角的なアプローチが不可欠であること

育毛成分は1成分1作用であることが多いので、1成分で大きな育毛効果を期待するよりも、育毛成分を組み合わせることによって、「ミノキシジル」のような多角的アプローチをする方が、大きな育毛作用を期待することができます。

育毛成分の組み合わせ

1.キャピキシル×リデンシル

2.キャピキシル×リデンシル×プロキャピル×バイキャピル×アナゲイン

1.キャピキシル×リデンシル

【2021年最新】海外育毛成分キャピキシル配合育毛剤ランキング
薄毛の悩みは世界共通。世界各国で育毛剤の研究は行われています。日本は育毛剤後進国。最近の育毛剤事情は、世界で開発された育毛成分を配合した商品が続々と発売されています。そのひとつがキャピキシキル。海外の育毛成分の使用も増え、返金保証の充実や、価格も下がってきているので、育毛剤ユーザーには試しやすい条件が整ってきています。

2.キャピキシル×リデンシル×プロキャピル×バイキャピル×アナゲイン

【Amazonで買える】返金保証付き育毛剤:キャピキシル・リデンシル配合育毛剤
育毛剤市場も新しい原料を使ったものに切り替わってきています。キャピキシル×リデンシルの最大の利点はそれぞれの原料が、育毛作用に多角的にアプローチできるところ。こういった多角的なアプローチは、ミノキシジルに似ています。「NEW 薬用 アングレ ワールドセレクション」はミノキシジルを目指した育毛剤です。

まとめ

育毛剤を選ぶ基準は、【エビデンス・実績・多角的】アプローチの3つになります。

口コミや体験談は「効果には個人差があります。」の個人差の部分になります。

育毛剤を選ぶときは、小さな違いより大きな違いに目を向けて選ぶようにしましょう。